被害者の状況

怪我が伴う交通事故というのは非常に大変です。

被害者となってしまったときに、怪我の治療のために会社は休む必要が出てきたり、入院、通院といったことが必要になってくきます。

また期間が長引けば、相手の保険会社から治療の打ち切りなども打診されてきます。

保険会社はなるべく自賠責保険の範囲で収めたいと考えていることもあります。

後遺障害 9級と認定されるような後遺症が残った場合でも裁判基準では慰謝料は690万円なのに対して、保険会社は自賠責基準の245万円程度での示談の提示をしてきます。

なるべく手元からお金を出さないようにしてくるわけです。

 

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

情報の信憑性

ネットの世界にはさまざまな情報があふれていますが、交通事故について書かれているホームページや交通事故 ブログなどもあったりしますよね。
実際に交通事故に遭われた方が書かれているものから、弁護士の方などが書かれているものなどもあります。
もちろん、中には間違った情報もあるということは忘れてはなりません。
ネットの世界には間違った情報や実際には過去には正しかったものの、時間の経過とともに情報が古くなってしまっているものもあります。
道路交通法なども年々改正されていたりしますから、古くなってしまっている情報もあるのです。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

先のことまで見据えよう

交通事故の損害賠償はとかくトラブルなども発生しやすくなります。

相手の提示とこちら側が思う金額に差異が生じてしまうケースなどもあります。

また、損害賠償ではきちんと請求しないと相手側からの提示だけを鵜呑みにしてしまっては、漏れが発生する場合もありますが、示談に応じた段階で漏れがあとであったと言っても後の祭りです。

例えば後遺症が残って将来的にも交通事故 器具などが必要な状態になったときに、対応年数などが器具にはありますから、将来のぶんも見据えて賠償されなければなりません。

そう言った部分もきちんと対応して貰うことも大事になってきます。

 

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

自賠責保険も大事

自動車の交通事故では怪我などを負った場合に自賠責保険が使われたりしますが、中には自賠責保険だけでは足りないことから任意保険を使うことが多々あります。

しかし、任意保険は過失相殺があるために、過失割合によって賠償が減額されます。

しかし自賠責保険の場合はよほど多くの過失が無い限りは賠償されますので、その点においては大事になってきます。

過失がある死亡事故 自賠責は重要な役割をはたします。

交通事故で最低限の賠償をする自賠責保険ですが、過失がある場合はかなり重要になってくるのです。

もちろん過失が100%などの場合には賠償されません。

 

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

学生も逸失利益

後遺症が残る交通事故被害に遭った場合には、後遺障害等級というものに認定されて損害賠償が行われることになりますが、損害賠償のなかには労働が出来なくなる、労働能力が低下するといった場合の賠償があります。

逸失利益といわれるものですが、現在の収入などから算出されます。

そうなると逸失利益 学生の場合の算出はどうなるのかということですが、学生の場合は将来就職するであろうことから、平均賃金である賃金センサスから算出することになります。

また、確実に一定の職業に就くであろうことが分かっている場合には、その職業の平均賃金から算出することもあります。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

仕事への影響の賠償

交通事故で後遺症を負ったときというのは、後遺症ですから治らない怪我ということになりますので、その後の仕事などにも影響が出ますよね。

今まで出来ていたことが出来なくなる。

または今後必要になってくるであろう能力が後遺症のせいで使えないなどが出てきます。

そうなると収入面でも影響が出てしまいますから収入面の賠償の逸失利益が発生します。

基本的に逸失利益 男女差は無いとされますが、平均賃金の観点からみると男女で差があることから女性のほうが低くなる傾向にあります。

もちろん実際の収入などから基本的には算出しますので、現在の収入が大事にはなってきます。

 

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

保険会社対被害者

交通事故というのは自損事故もありますが、加害者と被害者に別れるような事故もあります。

その場合には当然、交通事故 示談交渉などが行われるわけですが、多くの場合には交渉するのは保険会社の人間が被害者と行うかたちになります。

そう言った場合に懸念されるのが、保険会社側は交通事故に関する知識が豊富であり、こういった場合の交通事故の損害賠償はこれが普通ですというような、自分の会社の基準が普通という場合が多々あることです。

実際には保険会社の普通というのは、ただの保険会社が決めただけの普通です。

裁判基準と照らし合わせると、まったく普通の金額ではないという損害賠償額を普通と言っているのです。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

症状固定

交通事故で怪我をして後遺症が残るといった場合には症状固定ということで、あとは治らないというふうに宣告されますが、交通事故 症状固定後のリハビリなどの費用は認められるのかと言う問題がありますが、これは基本的には難しいのですが、将来的に手術が必要である、リハビリを行わないと悪化する可能性があるなどは認められる場合があります。

症状固定後の治療費というのは基本的に認められないと考えておくのが通常です。

もちろん必要なものなどはあらかじめ予測の素に、主張しておくことも大事です。

弁護士のかたなどに相談しておくことも大事ですね。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

保険について考えよう

交通事故を起こしたりした場合に損害賠償を考えると車を運転する方は特に任意保険なども加入しますよね。

通常車は自賠責保険には強制的に加入していますが、自賠責保険だけでは損害賠償が足りない場合が多々あったりもします。

後遺症 自賠責で賄おうと思っても裁判基準で請求などされた場合には大幅に賠償額が高くなりますから、支払いきれないということにもなってしまいます。

ですからほとんどの車を運転している人は加入しているわけですね。

車の場合には自賠責や任意保険などに加入することで交通事故に備えますが、自転車なども考える必要がありますね。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

経営者の損害

交通事故の怪我のせいで仕事を休むことになったとしたら、そのぶんの収入が減ってしまいますよね。

もちろん有給休暇を使えば収入は減りませんが、有給が減ってしまいますね。

そういったものは損害として休業損害が認められます。

通常のサラリーマンなどは給与から算出しますが、休業損害 役員などの経営側の場合はどうでしょうか。

一般的に役員というと高収入をイメージしますが、その収入は会社の業績などによって左右されることも多々あります。

ようは自分が働いて稼いでいるというよりも、会社の動向で変わってくるという部分です。

そういった部分は休業したからといって変わらない部分とも言えますから範囲外になります。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。