保険会社対被害者

交通事故というのは自損事故もありますが、加害者と被害者に別れるような事故もあります。

その場合には当然、交通事故 示談交渉などが行われるわけですが、多くの場合には交渉するのは保険会社の人間が被害者と行うかたちになります。

そう言った場合に懸念されるのが、保険会社側は交通事故に関する知識が豊富であり、こういった場合の交通事故の損害賠償はこれが普通ですというような、自分の会社の基準が普通という場合が多々あることです。

実際には保険会社の普通というのは、ただの保険会社が決めただけの普通です。

裁判基準と照らし合わせると、まったく普通の金額ではないという損害賠償額を普通と言っているのです。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

症状固定

交通事故で怪我をして後遺症が残るといった場合には症状固定ということで、あとは治らないというふうに宣告されますが、交通事故 症状固定後のリハビリなどの費用は認められるのかと言う問題がありますが、これは基本的には難しいのですが、将来的に手術が必要である、リハビリを行わないと悪化する可能性があるなどは認められる場合があります。

症状固定後の治療費というのは基本的に認められないと考えておくのが通常です。

もちろん必要なものなどはあらかじめ予測の素に、主張しておくことも大事です。

弁護士のかたなどに相談しておくことも大事ですね。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

保険について考えよう

交通事故を起こしたりした場合に損害賠償を考えると車を運転する方は特に任意保険なども加入しますよね。

通常車は自賠責保険には強制的に加入していますが、自賠責保険だけでは損害賠償が足りない場合が多々あったりもします。

後遺症 自賠責で賄おうと思っても裁判基準で請求などされた場合には大幅に賠償額が高くなりますから、支払いきれないということにもなってしまいます。

ですからほとんどの車を運転している人は加入しているわけですね。

車の場合には自賠責や任意保険などに加入することで交通事故に備えますが、自転車なども考える必要がありますね。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

経営者の損害

交通事故の怪我のせいで仕事を休むことになったとしたら、そのぶんの収入が減ってしまいますよね。

もちろん有給休暇を使えば収入は減りませんが、有給が減ってしまいますね。

そういったものは損害として休業損害が認められます。

通常のサラリーマンなどは給与から算出しますが、休業損害 役員などの経営側の場合はどうでしょうか。

一般的に役員というと高収入をイメージしますが、その収入は会社の業績などによって左右されることも多々あります。

ようは自分が働いて稼いでいるというよりも、会社の動向で変わってくるという部分です。

そういった部分は休業したからといって変わらない部分とも言えますから範囲外になります。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

弁護士に相談する理由

交通事故は弁護士に相談することも大事な場合があります。

弁護士に相談、依頼する場合というのはほとんどは損害賠償に納得がいかないという場合だと思います。

実際には後遺症などが残るような怪我を負った場合には依頼したほうが良いと言えます。

弁護士に依頼すれば損害賠償が高くなるのか?

というふうに思う人もいると思いますが、交通事故 無料法律相談などで話を聞いてみてください。

実際に損害賠償の支払い基準が違うために大きく賠償額が異なってくるということが多々あるのです。

それを知らずに示談してしまうというのは、大きな損失がある場合があるのです。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

すべての利益を得られるわけではない

交通事故で損害賠償を行って貰うときに、損害だけでなく利益を受けた場合にその利益の相当額を差し引かれることがあります。

例えば健康保険給付金などは、利益を受けたとして差し引かれたりなどがあります

交通事故 損益相殺ということですが、すべての利益に対して相殺されるわけではありません。

例えば生命保険などから支払われるものについては、被害者自身が保険料を払い込んだ対価としてのぶんになるため、損益相殺の対象にはなりません。

他にも自分が加入している損害保険からの給付があった場合なども同様に損益相殺にはならないことが判例で出ています。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

交通事故の被害者は大変

怪我が伴う交通事故というのは非常に大変です。

被害者となってしまったときに、怪我の治療のために会社は休む必要が出てきたり、入院、通院といったことが必要になってくきます。

また期間が長引けば、相手の保険会社から治療の打ち切りなども打診されてきます。

保険会社はなるべく自賠責保険の範囲で収めたいと考えていることもあります。

後遺障害 9級と認定されるような後遺症が残った場合でも裁判基準では慰謝料は690万円なのに対して、保険会社は自賠責基準の245万円程度での示談の提示をしてきます。

なるべく手元からお金を出さないようにしてくるわけです。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

交通事故で高次脳機能障害

交通事故で頭に衝撃を受けることで脳のズレなどが生じて後遺症が残ることがあります。

高次脳機能障害 交通事故で起こることがある後遺症ですが、その状態は様々で中には自覚症状や周りの人間も微妙な違いに気が付かないということもあります。

事故後に急に短期になったなどの性格が変わってしまったなどは、高次脳機能障害の可能性もありますから検査して貰うことも大事になってきます。

もちろん症状が酷いと物事を憶えることが出来なくなったりなどもあり、介護が必要な状態になることもありますので、非常に高い後遺症となってしまうこともあるのです。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

失業中の逸失利益

就職難や再就職が難しい時代ですが、交通事故で失業中の方が被害に遭った場合というのは、後遺症などが残った場合に発生する収入の賠償である逸失利益などはどうなるのか?

逸失利益 失業している状態であっても、一生失業しているわけではありませんから、前職の給与などを参考に算出されます。

高齢者の場合などで、今後働く見込みなどが無い場合というのは、逸失利益は発生しませんがまだまだ働ける年齢の場合には、今は失業中であっても、その後は収入が発生してくる見込みがありますよね。

ですから失業しているからといって、逸失利益が認められないということはないのです。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。

交通事故の後遺症

交通事故で後遺症を負ったときには後遺障害等級に認定されることが必要です。

後遺障害 1級から14級までありますが、1級が一番状態が重い後遺症になります。

中には動くことすらままならず介護が必要な状態になるなど、非常に大変な状況ですから、先々の介護費用も含めて損害賠償請求をすることが重要になってきます。

ですからこういった状態になった場合には示談交渉に応じるのではなく、まずは弁護士に依頼して交渉して貰うことも大事なことになってくると思います。

基本的には保険会社などが提示する額というのは、裁判基準と比べて圧倒的に安い金額で示談しようとしますので注意しましょう。

Posted in 交通事故 | コメントは受け付けていません。